Microsoft 365 の移行で
お悩みの方必見!

・Microsoft 365 の利用を始めたがメールの移行がうまくいかない
・グループウェアからの移行で何から手を付けていいかわからない
・M&Aに伴うシステム移行を任されたけど、どの方法が正しいかわからない
・いつものベンダーに相談したがあまり詳しくなくて心配
・Microsoft 365 に関して豊富な知識と技術力のある会社に相談したい




Microsoft 365 の移行作業で
頭を悩ませていませんか?

  • 移行対象が多岐にわたり進め方がわからない

    リピートにつながる案件割合が少ない。

    メールやチャット、共有フォルダのファイル、ユーザー情報など移行するデータが多岐にわたり、何から手を付けるべきかわからない。

  • テナント移行に必要な作業がわからない

    お客様対応がどうしたら良くなるのか、わからない

    移行すべきデータは洗い出せているが、それに伴う付帯作業がわからない。DNSサーバーやオンプレミスのActiveDirectoryなど影響範囲がわからない。

  • 移行について相談できるところがなくて不安

    仕事にやりがいを見出せていない

    Microsoft 365 の導入を支援してくれたベンダーではテナント移行の実績がなく、相談に乗ってもらえない。ネットで検索して出てくる情報が自社に当てはまらずどうしたらよいかわからない。

 お困りのあなたに! 

お客様のよくある悩みをまとめ
丁寧に解説した資料を公開中!

Microsoft 365 の移行手順や、移行に関わる留意点について解説しています。


↓↓↓ 気になった方は今すぐ! ↓↓↓


Microsoft 365 の移行の
お手伝いならティーケーネット

当社の最大の強みは技術力。
その高い技術力で、特にマイクロソフトの最新テクノロジーを積極的に採用し、
あらゆる企業が導入しやすい価格帯でハイレベルなソリューションを提供しています。

高い技術力

毎年、米国開催パートナーイベント Microsoft Inspire にて社員の技術習得を実施。常に先進テクノロジを取り入れ、製品発表前からの技術検証を行っております。また、全社員がマイクロソフト認定技術資格において最上位資格を取得( MCSE 等)、導入提案時には必ず実機デモを実施することで、お客様に確かな知識と技術、安心と信頼をご提供いたします。

高度な専門性

お客さまの悩みや課題ごとに必要となるコンピテンシー(専門性)も異なります。当社はマイクロソフトが定める審査基準を6つの専門分野でクリア、Gold 及び Silver メンバーシップを獲得している マイクロソフト コンピテンシーパートナー 企業です。優れた実績を挙げたパートナーに贈られるコンピテンシーアワードを4回受賞(2010年、2011年、2013年、2015年)、「最新の技術とソリューションを提供できるITの専門家」として、お客様のIT活用の課題をワンストップでフルサポートします。

豊富な実績

当社は日本マイクロソフト社をはじめ大手メーカ等と協力し、ビジネスのヒントが満載の先進導入事例を公開しています。MR (複合現実) テクノロジーを活用しトレーサビリティの実現や業務効率化を目指す Microsoft HoloLens、IT 基盤を可用性の高い Microsoft Azure へ全面移行、クラウド型情報共有基盤 Microsoft 365 など製造、卸、サービス、建設等で数多くの導入事例がございます。

Microsoft 365 移行のサポート実績

株式会社 新入社員

Mグループ(自動車関連部品の製造)
従業員規模:12,000名

IT関連子会社 O.Y 様

ご担当者のお悩み

全世界に20か所以上ある海外を含む全グループ会社拠点のメール・グループウェアを Microsoft 365 に移行することになりました。各グループ会社では、これまでそれぞれで独自のシステムを運用しており、移行における技術的な難易度が非常に高くこの問題をサポートしてくれる会社を探しました。

解決までのプロセス

Microsoft 365 のライセンスは既に取引のある既存ベンダーから購入されました。各拠点毎にどのようなシステムを利用しているかを詳細にヒアリング・調査し移行に必要なタスク等の計画を行いました。拠点毎に異なる運用ルールが既にある中、それらを充足するような共通の機能設計・運用設計を行い実際の切り替え作業にあたっては予期しないトラブルに備え現地への同行を行いスムーズな移行を行うことができました。

株式会社 新入社員

Z社(刃物類、食器、台所用品等の輸出入、製造及び販売)
従業員規模:270名

管理本部 ITエグゼクティブ M.N 様

ご担当者のお悩み

親会社(本社・ドイツ)の意向で Google Workspace から Microsoft 365 に移行することとなり、ドイツ側の導入業者とも連携しながら、指導・サポート等を行ってもらえる会社を探していました。

解決までのプロセス

Microsoft 製品アドバイザリーサービス(スタンダード)をご契約。Teamsでサポート専用チームを作成、定期的なオンラインミーティング(週1回)とグループチャット(随時)を通じて、現状ヒアリング、移行要件と課題整理を行いました。日本→グローバルへのディレクトリ同期の実現手段、Gmail やGoogle Drive の移行手段のツール選定等を行い、短期間(3ヶ月間)で移行プロジェクト実施計画書(スコープ、タスク内容、体制、マスタスケジュール、概算費用)を作成しました。

このほか数多くの企業様に導入いただいております


豊富な実績と確かな技術に基づいた専門性。
トラブルが起きそうな移行手順も解説しています!